防犯チェック

店舗併用型住宅の防犯チェック!

あなたの家は大丈夫ですか?

外観上
隣の家との間隔が狭く、屋根づたい、アーケードづたいに
  こちらの建物に移ることができる。
営業中
店舗に出ていると住居部分は無人になる。
仕事が忙しく少々2階で音がしても気が付かない。
昼間お客様がいない時は無人になる瞬間がある。
夜間
暗くなっても屋外に外灯をつけないことがある。
店舗に物音がしたら直ぐに気がつくので大丈夫だと考えている。
金目の商品や現金を置いていないので大丈夫だと考えている。
2階に寝ているから泥棒は侵入できないと考えている。
住居室内
通帳、印鑑、クレジットカード、キャッシュカードや生年月日の記したものを
  一緒に保管している。
部屋のすぐ目につくところに財布、ハンドバック、名刺入れなどがおいてある。
へそくりや予備のお金などを仏壇の引き出しや神棚に置いてある。
部屋の中が散らかっている。
金庫の中に大切な物が全て入っている。
建物・敷地の構造
扉・窓には鍵が1つしかついていない。
窓には雨戸があるが、閉めるのは面倒なので閉めていない。
お風呂場の窓は湿気を取るため開けっ放しにして眠っている。
夏は窓を開けっ放しで寝ている。
扉には明かり取り用のガラス部分がある。
ドアチェーン、ドアホンはついていない。
屋外に次のごみの日に出すためにごみ袋や段ボール、雑誌の束などが置いてある。
シャッターが古くなって開け閉めがスムーズにいかない。
その他
近所づきあいがあまりない地域で、近所の人で親しい人はいない。
我が家には泥棒が入るはずがないと思っている。
交番がどこにあるか知らない。
商店街で防犯意識があまりなく周りで誰も気にしていない。
   

私たちが監修しています。

「防犯泥棒大百科」およびそのコンテンツは「セキュリティハウス」の総合防犯設備士が監修しています

防犯についてのもっと詳しい情報と具体的な対策については「セキュリティハウス」
© 2007 Security House Center Co.,LTD. All Rights Reserved. produced by bit, SEO.